ワキガの改善方法の中には手術という方法があります。

近年ではメジャーになっている治療法ではありますが、手術なのでそれなりにリスクやデメリットが付きものです。

なので、安易に手術を決意する前にまずはそういったマイナスの面もしっかりと理解しておくようにしましょう。

まずはワキガ手術のリスク、つまり危険についてですが、やはりこちらは副作用や合併症といった大きな症状が目立ちます。

もちろん全員がなるものではないのですが、手術後に皮膚が壊死してしまう、ケロイド状態になってしまうという見た目に関するリスクがあります。

後はワキが治ってもそのぶんワキ以外の箇所からニオイや汗が大量に出てしまうといったこともあります。

そして別の意味のリスクとして費用の面も影響は大きいです。

ワキガ手術は保険適応できるの?

ワキガ手術は基本的に保険適応外のため、全額自己負担になってしまうことが多いです。

なので人によってはこの部分が何よりも大きな負担になってしまうこともあるでしょう。

ワキガ手術に伴うデメリット

次にデメリットですが、こちらはいくつかあり中でも重要なのが手術をしても治らない、再発してしまうというものです。

ワキガ手術というのは100%完治するというものではありません。

むしろ手術の中でも難しい部類に入るため、医師の技術がとても重要となってきます。

ワキガ手術後について

手術後の痛みが辛いということ。

手術は切開をしているため病院によっては入院や、家に戻れても1,2週間は仕事や家事といった普通のことができない状態となります。

つまり安静にしていなければならないということですね。

これを怠ってしまうとリスクにあった副作用や合併症に繋がる可能性が高まるため、無理してでも休んで安静にしなくてはいけません。

そして傷跡が残るということもデメリットの一つです。

手術しているので傷跡はどうしても残ります。残りにくくすることも出来ますが数ヶ月から数年は手術跡がシミや跡として残りますので、綺麗に治るまでは数年単位で時間が掛かることでしょう。

こういったデメリットやリスクは起きる可能性を抑える手術方法もあります。

しかしそういった手術は傷口を小さくして行うため、手術自体の効果も抑えてしまいます。

なのでリスクやデメリットに納得の上でしっかりと手術をしてもらうのか、マイナス部分の確率を低くするために手術範囲を小さくしてあくまでもニオイを自分のケアで抑えられる程度にするのか、極端な話そういう選択を自分の中でしなければいけないと言えるでしょう。

既にワキガで悩んでいるという人でも、ワキガの改善方法はいくつかありますので悲観的になりすぎる必要はありません。

ワキガ対策に有効成分を配合されている医薬部外品ワキガクリーム

↓↓ ワキガに効く有効成分 参考ページはこちら ↓↓

>> 医薬部外品のわきがケアに大事な有効成分とは