ある日ふと気づけばワキからニオイがする。

そういった突然ワキガになってしまうという人も中にはいます。

突然ワキガになるなんて誰かのが移ったんだ、と考える人もいますがワキガの場合は病気のように感染するようなものではないため間違わないようにしましょう。

ワキガというのは原因は殆どが体質の影響です。

ずっとワキガじゃなかったのに突然ニオイがするようになってしまったという人でも、家族や親戚にワキガの人が1人でも居ればワキガ体質の可能性は極めて高いです。

ワキガが発症しやすいのは10~13歳頃とは言いますが、ワキガ体質だからと言って必ずこの年齢で発症するものでもありません。

その理由は人によって様々ですが、例えば汗腺の発達がしにくい人だったり、ニオイが弱い人だと体質は持っていてもいつまでも発症しないということもあります。

大人になって突然ワキガが発症してしまうのは

それは主に、

という2つが理由として挙げられます。

食生活や環境の変化というのは、例えば一人暮らしをして乱れた食生活になっていたり、肉類や甘いものといったものばかり食べて野菜の摂取が極端に減っている場合等があります。

また仕事や恋愛という環境から過剰なストレスが掛かっている場合も影響します。

ただ確かにこれらはワキガのきっかけにはなるのですが、元々ニオイがしなかったという事を考えると、原因を改善する事で今後ワキガを抑えることは十分可能なのです。

あまり思い悩む必要はありません。

体臭とワキガは、間違う?

体臭とワキガを間違えている場合というのは、人間誰しも持っている体臭をたまたまワキから感じたため勘違いしてしまったというものです。

普段なかなか自分では気づかないニオイということもあり、ふと気づいた時にそれがワキから発せられていたら「自分はワキガになってしまった」と思い込んでしまうのです。

なのでその誤解を解くために、まずは自分の体臭について知ることから始めてみましょう。

一番簡単なのはお風呂から上がった後に、脱いだ服のニオイを嗅ぐというもの。

これで自分の体臭を知る事が出来ますので、そのニオイを覚えておきましょう。

もし先程ワキから感じたニオイが体臭と同じだった場合は、単純に体臭が強くなっていただけなのでそう気にする事はありません。

体臭専用のボディソープを使ったり、女性ならばホルモンバランスの影響でたまたま体臭が強くなっていただけの事もありますので、日頃のケアでニオイを抑える事が出来ますよ。

どちらが原因にしろ突然のワキガというのはそこまで改善が難しいものではない事が多いので、生活習慣等を改善するまでの間はデオドラント商品を利用してみるのもオススメです。

既にワキガで悩んでいるという人でも、ワキガの改善方法はいくつかありますので悲観的になりすぎる必要はありません。

ワキガ対策に有効成分を配合されている医薬部外品ワキガクリーム

↓↓ ワキガに効く有効成分 参考ページはこちら ↓↓

>> 医薬部外品のわきがケアに大事な有効成分とは