ワキガの体質と特徴

ワキガと聞くと、もし自分がワキガならとても恥ずかしいと感じてしまいますよね。

しかし、昔は、元々ワキガを含む体臭には所謂フェロモンと呼ばれる異性を惹きつける魅力の1つでした。

現代ではそうもいきません。

ニオイが気になってしまう空間が多く存在します。

交通機関、会社、学校、などのニオイを不快に感じて悩んでしまう人が多いですね。

ワキガ体質は、耳垢をチェック

自分がワキガ体質かどうかを調べる代表的なのは耳垢をチェックすることです。

一般的には耳垢が湿っているという人がワキガになりやすく、耳垢がカサカサな人はなりにくいというものがありますが、これは耳の中にもアポクリン腺というワキガの原因とされる汗腺があることから1つの判断材料となっています。

他にはワキ毛の量が多いと、そのぶんアポクリン腺も多いとされているため、こちらもワキガ体質の判断材料として扱われています。

基本的にはワキガは10~13歳頃に発症し、主に女性がなることが多いものです。

とは言え男性も当然なることはありますし、この年齢をとっくに過ぎている人でも、ホルモンバランスや生活習慣の影響で突然ワキガが発症することもありますので、普段から規則正しい生活やワキを清潔に保つという心掛けを行っておくようにするのが良いでしょう。

ワキガ体質は、遺伝?

ワキガの主な原因は、「体質」より「遺伝」とされています。

つまり先天的なものです。

今はニオイがしないという人でも、両親や兄弟、親戚といった身内の中に、1人でもワキガの人が居るようなら要注意です。

ワキガになるおおよその目安は、両親の片方がワキガで50%、両親ともにワキガという場合は80%の確立で子供もワキガになると言われています。

あくまでも目安なので、当てはまるから100%ワキガになってしまう、当てはまらないから100%自分はならないと断言できるものでもないので参考程度に捉えておくと良いでしょう。

既にワキガで悩んでいるという人でも、ワキガの改善方法はいくつかありますので悲観的になりすぎる必要はありません。

ワキガ対策に有効成分を配合されている医薬部外品ワキガクリーム

↓↓ ワキガに効く有効成分 参考ページはこちら ↓↓

>> 医薬部外品のわきがケアに大事な有効成分とは