ワキガが、片方だけになる?

片方だけワキガが発生するということはありません。

基本的にはワキガは利き腕側に発生することが多いですが、アポクリン腺やエクリン腺というワキガの原因となる汗腺は両方にあります。

ただ、左右でニオイの差は当然あります。

アポクリン腺の大きさも左右では異なります。
利き腕側が大きくなります。

なぜ利き腕側が大きくなるのかというと、普段運動や日常生活を送るなかで利き腕をよく使いますよね。

そのために、動くかすことによって血流がよくなるので、汗もかきやすくなったりします。

利き腕側にはその分、栄養もしっかりと行き渡るので、利き腕側になりやすいんです。

アポクリン腺と同時にエクリン腺の両方からの発汗量にも関係してきます。

運動による汗の量や温熱性も利き腕の方が高かったり多かったりします。

よく片方だけがニオイがするという人が居ますが、これは片方にだけ発生しているのではなく、利き腕出ない方がニオイが少ないからそう感じてしまうだけなんです。

汗の量・大きさ・利き腕がどちらかなどによって、ニオイの強さが変わってきます。

ワキガは完全に治せる?

ワキガを完全になくするには手術しかありません。

ニオイの元となる汗腺を摘出することによってニオイの元を抑えることができるんです。

ただ、ワキガ手術の他にも対策方法はあります。

まず、ニオイの程度にもよりますが無香料の制汗剤やシートなどを使ったりしますが、このときの注意点としては、香料の強いものであると汗のニオイと混合することによって強いニオイを発する場合があるので無香料のものを選ぶ方がいいです。

ニオイの程度によって購入する商品を決めるといいと思います。

例えば、軽度の人は制汗剤よりもウェットシートを基本的に使用するといいと思います。

程度がひどい人には、ワキガ専用クリームを使用したり、肌着など清潔なものにするなど対策をします。

ワキガの程度の目安としては、耳垢の柔らかさをもとに判断されると良いでしょう。

重症になってくると耳垢がキャラメルが溶けたような形になるのですぐに分かると思います。

ワキガ専用クリームは、直接肌に触れるので効果も非常に高くなります。

1日1回で効果を得ることができる場合が多いので使ってみると良いでしょう。

あとは、ミョウバン水を作って直接洋服や肌に吹き掛けても効果はあります。

肌着も汗取りパットがついているものを選ぶなど対策をしていきましょう。

既にワキガで悩んでいるという人でも、ワキガの改善方法はいくつかありますので悲観的になりすぎる必要はありません。

ワキガ対策に有効成分を配合されている医薬部外品ワキガクリーム

↓↓ ワキガに効く有効成分 参考ページはこちら ↓↓

>> 医薬部外品のわきがケアに大事な有効成分とは