ワキガのニオイ?あなたは大丈夫!

ワキガと聞くと、どんなイメージですか?

「臭い」「不快」「恥ずかしい」

きっとこのような悪いイメージでしょう。

ワキガのニオイが、臭いと、わかっていても実際にどんな症状なのかは意外と知らないという方も多いと思います。

ワキガというのは正式な呼ばれ方としては「臭汗症」や「腋臭症」と呼ばれています。

きっと初めて聞いたという方も多い事でしょう。

通常は皆さんご存知の ワキガと呼ばれることが殆どです。

ワキガの人でもニオイの強弱は人によって違います。

また、最近ニオイが気になり初めた人でも汗のニオイとワキガのニオイの違いがわかりづらい方もいらっしゃいます。

ワキガの特徴である鼻にツンとくるようなニオイがしたら早目の対策が必要でしょう。

ワキガについてわかりやすくまとめてみました参考にして下さい。

ワキガについて解説します。

ワキガ体質について

ワキガとういのは基本的にわきの下にあるアポクリン汗腺という汗腺の一つから発せられる独特なニオイのせいで周りや自分に不愉快な気持ちを与えてしまう症状の事を表します。

原因はいくつかありますが、必ずしも希な病気というものではありません。

日本人で言えば10人に1人はワキガ体質の人がいるとも言われています。

こう考えると学校の1クラスに1~4人はいるという割合になりますね。

これが海外となると70%以上の殆どの人がワキガ体質とも言われています。

これはあくまでも体質であって、中には体質はあってもニオイの強弱は人によって変わってきます。

注意してほしいのが、ワキガというのはよくある汗くさいとは違うということです。

もっと独特な鼻にツンとくるようなニオイが特徴とされています。

既にワキガで悩んでいるという人でも、ワキガの改善方法はいくつかあります。

ワキガのニオイの元になる汗腺と菌に対策が出来ればワキガのニオイを抑えることが可能でしょう。

ワキガの特徴

ワキガの特徴

ワキガの特徴で一番わかりやすいのは、ニオイですが、もちろん他にもワキガにはいくつか特徴があります。

これらはワキガの特徴ともされており、同時にワキガ体質のチェック項目ともなります。

しかしワキガだからと言ってこの全てが当てはまるわけではありませんし、この項目のいくつかが当てはまっているからと言っても、ワキガの体質を持っているというだけで現状ではニオイがしていないという方もいらっしゃいます。

この項目を見て当てはまるからと言って決めつけたりせず、あくまでも参考として思い当たる部分を改善していけるように自分自身で気をつけていく事が大切になります。
上記の特徴の中で耳垢と家族にワキガの人がいるについては対策は難しいですが、他の内容に関しては自分の心掛け次第で充分対策が出来るものですのでまずは自分が出来るところから少しずつ対策を始めていくと良いでしょう。

また、家族にワキガの人がいる場合は食事等でサポートする事も大切な対策の1つです。

ワキガの原因

ワキガの原因

ワキガの原因って皆さんご存知ですか?

「汗をかくから」

この声はとても多いのですが実は正解でもあり間違いでもあります。

更に、ワキガは太っている人がなる、しっかり身体を洗っていない証拠、なんて言う方もいらっしゃいますがこれらはあくまでもイメージから連想している原因であって、正しいワキガの原因とは言えませんので勘違いをしないようにしましょう。

ワキガは痩せている人でも、毎日しっかりお風呂に入って清潔にしているという方でもなります。

もし周りにワキガの人がいても安易にこういった言葉を信じ込んで発してしまうのは止めましょう。

では本当のワキガの原因は、何でしょうか?

実を言うと、ワキガの原因の80~90%以上が遺伝でワキガになると言われています。

この割合は衝撃ですよね。

とは言え少数ですが子供の頃からワキガに悩まされているという方もいれば、思春期から大人になっていくうちに突然ワキガになったという方もいらっしゃいます。

どちらにしても原因は殆ど遺伝ですのでワキガに対する対策は同じと考えて大丈夫でしょう。

逆に残りの原因の可能性というと、ストレスだったり食生活の影響だったりとあくまでも普段のちょっとした原因が重なり合って汗腺が大きくなってしまった事によるワキガの発症となりますので、原因は生活習慣と言っても過言ではないでしょう。

ワキガって自覚症状は?

ワキガの自覚症状

人間というのは自分のニオイというのはなかなかわからないものです。

例えば友達の家に行った時に普段友達の服や持ち物からするニオイをふわっと感じた事はありませんか?

それはその人の家庭のニオイだったりします。

これは必ずしも体臭というわけではなく、柔軟剤や消臭剤、食事のニオイといったように様々なニオイが複合してなるニオイでしょう。
もちろん家自体のニオイという事もあります。

どちらにせよ普段からその空間にいる身としてはなかなかニオイに気づく事は難しいですよね。

それと同じでワキガのニオイもなかなか自分では気付きません。

ワキガのニオイは、なりかけの頃なんかは特に気がつかないでしょう。

むしろ周囲のニオイの方が気になるという事の方が多いです。

自分のニオイが、臭いと気づく頃にはかなりニオイが強い場合が殆どでしょう。

それは逆に言ってしまえば、ワキガだった場合に自分よりも周りの人の方がいち早くニオイに気づいている事が多いという可能性が高いという事です。

早めに自覚症状を持つためには、周りの反応を気にする事が一番の近道となります。

さらに勇気を持って直接自分のニオイについて聞いてみましょう。

自分はワキガなのではと気になっている時は、自分で出来るワキガのチェック方法を試すというのも1つの方法です。

>> ワキガや体臭を簡単チェック

ワキガは、うつる?

ワキガがうつるもの、という考えの方がたまにいらっしゃいますが、ワキガは病気やインフルエンザのような細菌やウイルスによって感染するものではありませんのでご安心下さい。

しかしワキガの人の服を借りてから自分もニオイがするようになってしまったという方もいらっしゃいます。

こういった例があるからこそ「ワキガはうつる」と言ったような言葉が広まってしまっているのですが、実際そのような事を起きてしまった可能性は大きく分けて2通りあります。

ワキガは、うつる

一時的にニオイがついてしまっているだけという場合。

これはしっかりと拭いたり、お風呂に入って身体を洗えばニオイは取れるものです。

お風呂から上がってからもニオイがするという場合は、思い込みの場合やもう1つの可能性である自分自身が元々ワキガ体質だったという場合です。

今まで自覚症状はなかったものの、ワキガの人から服を借りた事で自分のニオイに気づくという事も充分考えられますので必ずしもありえないことではないということを覚えておくと良いかと思います。

ちなみにワキガ以外にもデリケートゾーンからニオイがするスソワキガや、乳輪からニオイがするチチガも同様にうつるものではないですが、上記のような理由で自分にニオイがうつったように感じたり、自覚症状が芽生えるという事もありますので要注意です。

ワキガに遺伝は関係するの?

先にも書いたようにワキガの原因の殆どは遺伝と言われています。

両親はワキガではないのに自分はワキガになっているという場合もあるかと思いますが、兄弟や祖父母、叔父さんといったように血縁関係を見ていくと意外とワキガの人がいるものです。

遺伝とは言え全員が全員ワキガになるというわけではありませんので、あくまでもワキガ体質を持っていると覚えておくと良いかと思います。

ワキガの体質があるというだけなので、必ずワキガのニオイがするというわけではないということ。

ワキガに遺伝は関係するの

小さい頃からニオイが出る人もいれば、ニオイが出ずに一生を終えるという事もあります。

遺伝の確率としては、両親がどちらもワキガの場合は80%遺伝する可能性があり、両親のうちの片方だけがワキガの場合は50%の割合で遺伝する可能性があります。

遺伝するとニオイも殆ど同じなためなかなか初期の段階で気づく事が出来ないという事がありますが、遺伝する可能性が高い場合は小さい頃からご両親が気を遣って注意しておくと、いざワキガになっている場合に素早く対策が出来るでしょう。

ワキガに気づいたからと言って遺伝ならばどうしようもないと思う方もいらっしゃると思いますが、対策をする事でニオイを抑える事は当然可能です。

そのまま放っておいてしまう事の方が、思春期にいじめ等の対象になりやすく心の傷に繋がってしまいますので、幼少期のうちはご両親の対応がとても大切になる事を忘れないようにしましょう。

ワキガの治し方

ワキガを治すことは、できるのでしょうか?

一番簡単なものでは市販で売られているワキガクリームを使うという方法。

軽度のワキガから中程度の方の場合ならばこれで日常生活に支障がない程度に抑える事も可能でしょう。

ワキガ専用クリームは、有効成分の効果で多くの方がワキガ改善を実感しています。

次にすぐ出来る方法と言うと日常生活の改善です。

これはワキガの原因がストレスや食生活といった日常生活からきている場合に特に有効です。

そういったものが原因でワキガになったという方はもちろん、元々ワキガ体質で、その上に日常生活の要因が重なってニオイが強くなってしまっているという場合にも効果的なので、まずはストレスを適度に解消する事や、肉類や乳製品が中心の食生活を野菜を多めの和食中心の食生活に変えるところから始めてみましょう。

他には病院へ行って薬を処方してもらう方法や、手術といった方法もあります。

手術にもいくつか種類がありますが、どれも手術したからといって必ず治るというものでもありませんし、傷跡が残るといったようなデメリットもありますので、現状ではあまりオススメ出来る治し方とは言えません。
しかし手術で驚く程治ったという方もいらっしゃいますので、気になる方はしっかりと病院や先生を調べてから専門の方に相談してみるのが良いでしょう。

既にワキガで悩んでいるという人でも、ワキガの改善方法はいくつかありますので悲観的になりすぎる必要はありません。

ワキガ対策に有効成分を配合されているワキガクリーム

↓↓ ワキガクリーム 参考ページはこちら ↓↓

>> ワキガクリーム 使ってわかった効果的な成分